So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

少子化担当相に蓮舫氏内定=菅氏、閣僚・党人事の調整本格化(時事通信)

 菅直人新首相は5日午前、民主党本部で枝野幸男行政刷新担当相や側近議員らと会い、8日の新内閣発足に向け、閣僚・党役員人事について調整作業を本格化させた。閣僚では、福島瑞穂社民党党首が務めていた消費者・少子化担当相に蓮舫参院議員の起用が内定。午後からは官房長官に内定している仙谷由人国家戦略担当相とも会い、人事の骨格を固めたい考えだ。
 蓮舫氏は、鳩山内閣の「事業仕分け」で仕分け人として各府省の担当者らを追及。舌鋒(ぜっぽう)の鋭さが注目を浴びた。菅氏としては蓮舫氏の起用で、行政の無駄削減に引き続き取り組む姿勢をアピールしたい考えだ。
 また、参院選が目前に控えることから、輿石東参院議員会長や高嶋良充参院幹事長ら参院執行部を留任させる意向を固めた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
スムーズに政権移行=岡田外相
菅新首相と近く協議=米大統領

「地獄の底に突き落とされた思い」 石綿訴訟 国の控訴方針に原告団が抗議 (産経新聞)
菅内閣あす発足=蓮舫氏は行政刷新相―民主政調会長に玄葉氏、閣僚兼務(時事通信)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)
恐竜 新種の大型竜脚類化石に「福井の巨人」と命名(毎日新聞)
「警官に紹介され信用」と賠償請求=組長に貸金、奈良県など提訴―大阪地裁(時事通信)

児童相談所の元非常勤職員逮捕=中2少女にみだらな行為―岐阜(時事通信)

 中学2年の少女にみだらな行為をしたとして、岐阜県警岐阜北署と少年課は27日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、元県中央子ども相談センター非常勤職員の小池正人容疑者(23)=岐阜市下鵜飼=を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月12日ごろ、当時中学2年だった県内の少女(14)が18歳未満と知りながら、少女の自宅でみだらな行為をした疑い。
 同センターによると、小池容疑者は昨年4月から今年2月まで、正職員の業務補助などを担当。少女は同センターで保護されたことがあり、顔見知りだったという。
 県警などによると、小池容疑者はその後、名前などを登録する携帯電話のプロフィルサイトで、少女の写真や連絡先などを偶然発見。少女を深夜にドライブに連れて行ったことが発覚し、退職していた。 

【関連ニュース】
副士長を懲戒免職=夜行バスで女性触る
4歳男児に虐待容疑、義父を逮捕=奈良県警
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
女生徒連絡先、捜査資料から入手=わいせつ容疑の警部補

「すき間ない救済目指す」 大阪にアスベスト研究拠点 (産経新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
ネットワールド、NRI の VMware 対応管理ツール「Senju」を共同販売
国保組合への補助、有識者から「削減・圧縮に向けた努力を」(医療介護CBニュース)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)

<軽自動車税>未納者に「納付済み」送付 09年度分で 仙台市(毎日新聞)

 ◇納税通知書2962通

 仙台市法人税務課は20日、14日に発送した今年度の軽自動車税納税通知書に、実際は09年度分が未納なのに納付済みとして誤記載した通知が2962通あったと発表した。今年度分だけ納付すれば車検に使用できる状態だという。09年度の未納分は約1800万円。同課は来週初めに修正した納税通知書を送付し、誤記載の通知書の返送を呼び掛ける。

 同課によると、通知書には「継続検査用証明書欄」があり、過去2年度分が納付済みとして記載されていれば車検に使用できるが、未納の場合は星などの記号が印字されて使用できないようになっている。

 しかし、今回は08、09年度の納付状況を参照すべきところを、プログラムミスで07、08年度の納付状況を参照してしまったため、07、08年度は納付したが09年度は未納の人に誤って「納付済み」と記載したという。

 仙台市が委託する業者の人為的ミスとみられ、18日に太白区役所に来た納税者の納付状況を職員が調べて発覚した。【鈴木一也】

<不同意堕胎>薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院(毎日新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
デコルテケアで見た目の印象を若々しく 年齢に関係なくケアを(産経新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)
波乱6番人気トーセンウィッチ戴冠…東京プリンセス賞(スポーツ報知)

「何もやましいことはない」小沢氏、幹事長続投を表明(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、党本部で緊急に記者会見し、自身の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第五検察審査会が小沢氏について「起訴相当」を議決したことについて、「私としては意外な結果で驚いている」と語った。

 そのうえで小沢氏は「1年にわたり捜査が行われ、不正な献金はなかったと、脱税など実質的犯罪はなかったと検察の捜査として結果として証明された。それが不起訴となった。最終的には、検察当局の適正な判断がなされると信じている」と語った。

 進退については「私は検察の捜査で不起訴になっているし、何もやましいことはしていないので、与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」と述べ、幹事長を続投する考えを示した。

【関連記事】
「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑
首相、小沢氏起訴相当に「コメントは控えなければならない」
岡田外相も「ご本人がコメントされるべきこと」 小沢氏「起訴相当」で
小沢“恫喝”に屈せず…「起訴すべき」検察審査会が議決
亀井氏「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は突き進む」 小沢氏「起訴相当」の影響否定
「裸の王様」次に座るのは…

なんときれいな710年…平城宮跡オープン(読売新聞)
関東で大雨や強風=都心は4月の史上最大雨量−気象庁(時事通信)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
PAC3 自衛隊施設外で初の訓練 東京・新宿御苑で空自(毎日新聞)
首相、普天間で職を賭す「理解を求める」ことが決着?(産経新聞)

JR富山駅、仮駅舎の利用開始=北陸新幹線工事で〔地域〕(時事通信)

 JR北陸線富山駅でこのほど、仮駅舎の利用が始まった。2014年度開業予定となっている北陸新幹線の建設工事に伴う措置だ。学生や通勤客ら1日平均でおよそ1万6700人(2009年実績)が、新幹線開業まで約5年間利用する。
 仮駅舎は、旧駅舎の西約90メートルに立地。改札や事務室のほか、飲食店やコンビニ、観光案内所が置かれている。これまで使われていた旧駅舎は取り壊され、新しい駅舎が建設される。
 新駅舎には、2階に新幹線ホームが設けられ、1階部分には改札が入るほか、南北方向に路面電車の線路が敷設され、南北で分かれている2路線が直通運転される予定だ。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕古川祭の「起し太鼓」=岐阜県飛騨市
〔地域の情報〕天平衣装で平城宮を散策=奈良
〔地域の情報〕新開発の「甘とろ豚」発売=愛媛
〔地域の情報〕こちらのシャトルは現役続行=北九州市
〔地域の情報〕梅の花、花見席でもてなし=山形

覚せい剤譲渡で無罪=相手の供述「信用できず」−岐阜地裁
「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請−財務省(時事通信)
山崎さん、19日に帰還=機体検査、問題なく−米シャトル(時事通信)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
火山灰拡散26カ国影響 東欧やロシアにも(産経新聞)

切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)

 警視庁荒川署がバタフライナイフを所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した50代男性について、「ナイフに殺傷能力がなかった」との理由で釈放していたことが19日、同署への取材で分かった。
 同署によると、同署員が8日、JR西日暮里駅周辺の路上で、不審な男性を発見して職務質問。ポケットから刃渡り約11センチのバタフライナイフが出てきたため、同日午後7時50分ごろに現行犯逮捕した。
 男性は「護身用のために持っていた」と話していたが、同署がナイフを調べたところ、殺傷能力がなかった。男性は9日午前10時20分ごろに釈放されたという。
 同署は軽犯罪法違反容疑で男性を書類送検する方針で、「今後は銃刀法違反に当たるかの確認を徹底し、再発防止に努めたい」としている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
発砲警官2人に付審判決定=逃走車両の男性死亡
村本さん、左斜め前から銃撃か=流れ弾の可能性
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
手配の男、殺人未遂などで逮捕=警官刺傷、殺意は否認

「事務系副大臣」を検討=事務次官は廃止−仙谷担当相(時事通信)
車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)
「みんなの党」が積極策 1人区にも候補者擁立(産経新聞)
「プロ根性あった」「別れたくない」=村本さんの通夜−東京(時事通信)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)

 日本上空に強い寒気が流れ込んだ影響で16日、東京都心の最高気温が7.4度など、関東地方を中心に真冬並みの寒さとなった。神奈川県箱根町では季節外れの雪景色が見られたほか、東京都練馬区では車のフロントガラスにうっすらと雪が積もった。

 箱根町役場によると、標高の高い地点では十数センチ以上積もったという。職員は「4月半ばに積もるなんて覚えがない。ちょうど見ごろを迎えたサクラも雪をかぶって、かわいそう」。

 気象庁によると、今年は北極付近から流れ込んでくる寒気と、南からの暖気がともに強く、日本上空で一進一退の“攻防”を続けているため、例年になく寒暖の差が激しい。ここ数日は寒気が優勢で、南の海上を通過中の低気圧がさらに寒気を引き込み、異例の寒さになったという。

 九州でも宮崎市で15日、最高気温が9.5度と4月としては観測史上1位の低さを記録。全国的に冷え込んでいる。

 東北から関東・甲信地方では、17日も雪となる見込み。気象庁は、東北南部や関東の山沿い、甲信、箱根から多摩西部などで、最大20センチの積雪を予想している。関東南部の平野部でも「積もるほどでないが、雨に雪が交じる可能性がある」(同庁)。都心部で17日に雪を観測すれば、昭和42、44年と並び、観測史上1位の遅さとなる。

 今後1週間も雨や曇りが多く、気温も平年並みから平年以下となる所が多い見通し。

【関連記事】
4月半ばで東京に雪? 気象庁予報、観測史上1位の遅さも
天候不順で野菜高騰 農水省が出荷前倒し要請
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?
日照不足で野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高
サクラエビ漁、天候不順で大幅遅れ 静岡
外国人地方参政権問題に一石

高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)
「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談(産経新聞)
関西3空港、今後10年は併存=伊丹の存廃判断先送り−地元懇談会(時事通信)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
<女児ひき逃げ死>元理事長に実刑 横浜地裁判決(毎日新聞)

女性の75%がメタボに高い関心(産経新聞)

 化粧品と健康食品の「ナガセ ビューティケア」が2月、首都圏20〜50代の働く女性計500人にメタボリックシンドローム(メタボ)と生活習慣に関する調査を実施した。

 「自分がメタボ、あるいは予備軍だと思うか」の問いで、「メタボだと思う」は13・4%、「ややメタボ気味だと思う」22・8%、「今はメタボではないが危機感はある」は38・8%で、4分の3がメタボに高い関心を示した。

 理由(自由回答)は、「出産前の体形に戻らない」(20代)、「しゃがむとおなかが苦しい」(30代)、「おなかが3段」(50代)など。

 自分に該当する生活習慣(複数回答)では、トップは「甘いものが好き」で74・4%。以下、「1日1回以上の間食」(68・2%)、「20分以上続ける運動をしない」(61%)−だった。「ストレスが多い」(53・4%)、「24時以降の就寝」(53・8%)も多く、メタボが気になっても生活習慣を変えられない様子がうかがえる。

両親の期待が重荷 京大病院インスリン混入の看護師(産経新聞)
大宅賞に上原、川口両氏(時事通信)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく(産経新聞)
練習船、咸臨丸航跡追い“海”横断(産経新聞)

「2ちゃんねる」元管理人の報酬、賠償の一部に(読売新聞)

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」への書き込みを巡る名誉棄損訴訟で、管理人に対する損害賠償を認める判決を受けた原告側が、管理人がかかわった書籍を発行した新潮社(東京)から、管理人に対する業務報酬の一部を賠償金として受け取っていたことが分かった。

 原告側代理人の斎藤裕弁護士(新潟県弁護士会)によると、当時の掲示板管理人の西村博之氏を相手取り、名誉棄損による損害賠償や発信者の情報開示などを求める訴訟を起こし、賠償金の支払いを命じる判決を受けた。しかし、西村氏が支払いに応じなかったため、2ちゃんねる上の書き込みを基にした書籍「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を出版した新潮社を相手取り、西村氏側への業務報酬を支払うよう求める訴訟を東京地裁に起こした。

 報酬の支払先はシンガポールの法人。西村氏が支払先に指定するメールを新潮社側に送っていたことから「業務報酬は西村氏個人に帰属する債権と認められる」とする同地裁和解勧告を受けて昨年12月、和解が成立した。新潮社からは今年1月、報酬の一部の数十万が支払われた。

 新潮社の代理人弁護士は「著者からの振り込み指示には原則として無条件で従っている。和解の結果、支払先が変わっただけで支払う総額は変わらない。賠償金の支払いは当事者同士で解決してほしい」とコメントしている。

 西村氏を相手取った訴訟を担当したことのある杉本博哉弁護士(第二東京弁護士会)は「西村氏と振込先の会社のつながりを認めた点に意義がある。メールなどの立証手段があれば、債権回収が認められることを示した」と評価している。

「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
70代独居女性、7病院に受け入れ拒否され死亡(読売新聞)
勝連半島沖への移設反対=地元市民団体−普天間問題(時事通信)
菅原文太さん、河村市長の応援団長に(読売新聞)
<事故>側壁に激突、4人車外へ 全員助かる 熊本・高速道(毎日新聞)

<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)

 橋下徹・大阪府知事への支持を前面に打ち出した府議会新会派「大阪維新の会」が1日、発足した。自民離脱組を中心とする総勢22人で、自民(30人)、民主(23人)、公明(同)に迫る第4の勢力が誕生。同会派は同名の政治グループの事実上の事務局になるとみられる。大阪市と周辺10市を人口30万人規模の計20区にする「府市再編」の実現に向け、動き始めた。

 橋下知事は、この日の定例会見で「政策一本で集まる集団ができてうれしい。(22人もいるので)とてつもないパワーを発揮すると思う」と述べ、期待を示した。

 府議会は昨年2月以降、府庁舎移転や大阪(伊丹)空港廃港など、橋下知事の主張に揺さぶられ続けてきた。特に最大会派の自民からは離脱が相次ぎ、1年間で49人から30人まで激減。新会派はそうした過程で生まれた、いわば“橋下派”の集まりで、最終的に民主1人、諸派2人も合流した。

 政治グループは今月19日に設立する予定。早ければ5月中にも行われる大阪市議補選(福島区)を、府市再編へのデビュー戦と位置付け、候補者擁立を急ぐ。【福田隆】

【関連ニュース】
雑記帳:橋下知事も自転車で走る…開通前の高速道路
橋下知事:「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール
橋下知事:大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事
橋下・大阪府知事:「行政大掃除を」 枝野氏にエール

<ニュース1週間>足利事件、菅家さん無罪確定/パラリンピック閉幕 日本メダル11個(毎日新聞)
首相動静(3月26)(時事通信)
知育玩具「リブロック」プロモーションで動画 AR 技術を採用
2歳長男虐待死 母親に懲役7年 地裁判決(産経新聞)
<JAYWALK>中村容疑者起訴 覚せい剤事件で東京地検(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。