So-net無料ブログ作成

<名護市長選>17日に告示…普天間移設問題に影響(毎日新聞)

 米軍普天間(ふてんま)飛行場=沖縄県宜野湾(ぎのわん)市=の移設問題に大きく影響する沖縄県名護市長選が17日、告示される。出馬を表明している現職の島袋吉和氏(63)は条件付きで移設を容認。前市教育長の新人、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新推薦=は県外移設を主張しており、選挙の結果によっては辺野古移設は極めて困難となる。

 名護市には、96年の日米両政府による普天間返還の合意以降、返還条件に挙げられたキャンプ・シュワブ沿岸部があり、移設の是非が市長選の争点になるのは今回で4度目。鳩山由紀夫首相率いる連立政権の発足後、沖縄では県外移設への期待が高まっている。

 島袋氏は06年1月の市長選で移設反対派を破って初当選。V字形2本の滑走路を備えた修正案を容認した。仲井真弘多(なかいまひろかず)知事と歩調を合わせ、建設場所の沖合移動を主張している。今市長選では、自民、公明の支援を受ける。一方、稲嶺氏は島袋氏に批判的な保守系市議が擁立し、反自公勢力が結集した。【三森輝久、井本義親】

【関連ニュース】
岐阜市長選:政党が距離 民自公自主投票、異例の展開に
選挙:津市長選 立候補予定者の公開討論 2氏が政策など披露 /三重
風雲・宮崎:3都市長選 「政権公約」で公開討論会 立候補予定者が質疑応答 /宮崎
選挙:南島原市長選/南島原市議選 4月25日投開票 /長崎
民意の行方:’10生駒市長選/中 新病院問題 /奈良

大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け−秋田県(時事通信)
発砲3人殺害、自殺の大阪市職員は妻に暴力「迷彩服の“変人”」(産経新聞)
<ハイチ大地震>政府の医療チーム、C130輸送機で派遣へ(毎日新聞)
<連れ去り>車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋(毎日新聞)
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。